アルコールチェッカー取扱開始、ホームページからお問い合わせできるようになりました

安全運転管理者がいる事業所では、アルコール検知・記録が義務化されます。4月1日からは、運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認し、その記録を1年間保存することが義務化されます。10月1日からは、運転者の酒気帯び有無の確認を、アルコール検知器を用いて行い、その検知器を常時有効に保持することも義務化されます。
当社では事業所に応じて必要な製品を取り揃えております。

※安全運転管理者は、乗車定員が11人以上の自動車1台以上、またはその他の自動車を5台(自動二輪は1台を0.5台として計算)以上使用している事業所に選任を義務付けられています。

ご注文お問い合わせはこちらから(お問い合わせフォームに移動します)

AF-50

持ち運びができるハンディタイプ 国家公安委員会が定めるアルコール検知器に適合しております。

TR-2

持ち運びができるFC-1000とスマートフォンを連動させて、管理拠点から離れていても確実に検査ができるシステム
FC-1000は国家公安委員会が定めるアルコール検知器に適合しております。
アルコール検知器協議会が定める認定機器です。


TR-2
68,000円(税別)

※別途、データを管理する拠点ごとにソフトが必要になります(39,800円)。

ST-2000

管理拠点で管理者が立ち会わなくても確実に測定できます。測定結果と顔写真を自動プリントアウトします。
アルコール検知器協議会が定める認定機器です。

ST-3000

単体使用でも検知ができ、その結果をプリンターで印刷します。オプションをつけることにより、必要な機能をカスタマイズすることができます。
アルコール検知器協議会が定める認定機器です。
カスタマイズの一例:パソコンと連動して管理したいとき、体温も測りたいとき、複数拠点をネットワークで一括管理したいとき

ALCGuardianNEXT

ST-3000にパソコンと連動して管理できるようシステムアップした製品

アルコールチェッカーに関するお問合せ

アルコールチェッカーに関するお問い合わせはお電話もしくは以下のお問い合わせフォームより承っております。
ご質問、お見積り依頼など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

電話での問合せ

tel. 0256-33-0771 (営業時間 9:00~17:30)

メールでの問合せ

メールでのお問い合わせは以下のフォームに必要事項をご記入のうえ『送信する』ボタンをクリックしてください。
自動で返信メールをお送りいたします。後ほど、メールまたはお電話で折り返しご連絡させて頂きます。

必須お名前
必須ふりがな
必須会社名
必須メールアドレス
必須メールアドレス(再入力)
必須郵便番号
必須都道府県
必須ご住所
必須お電話番号
必須問い合わせ先
必須問い合わせ区分
必須問い合わせ内容
  「個人情報保護方針」に同意する。

※ご記入いただいた個人情報は「個人情報保護方針」に基づき厳重に管理しプライバシーの保護をお約束いたします。